top of page

Portfolio

見えないものを意識する感覚

The feeling of being aware of the invisible.

人や出来事には、そこに至るまでのストーリーがあり、目に見えるものではないため普段は通り過ぎてしまうことがあります。 見えていないものは環境やマインド、タイミングなど、何かのきっかけで知りたいと思ったり意識したりするのではないでしょうか。 以前は知りたいことがあれば、今はパソコンやスマートフォンで多くの情報を見ることができます。 過去の出来事について、誰かが残した断片を簡単に調べることができます。 大切なことは知りたいと思う気持ちや見えていないものがあると頭の片隅においておくことだと思います。 この油画は2層になっており1層目を描き終えた後、上から下地を塗り新たに2層目を重ねていきます。1層目はNFTアート、2層目はフィジカルの作品になっています。NFTアートはリアルでは見ることができない作品ですが、デジタルの作品としてパソコンやスマートフォンで見ることができます。 個展ではARを使い、展示した2層目のフィジカルの作品にスマホを向けると1層目のNFTアートが画面上に表示されるような仕掛けをしました。 作品のタイトルは日付です。 「日にちは日々の目印に過ぎません。誰かにとっては何でもない一日が、誰かにとっては特別な一日かもしれない。」という意味を込めて、どこかにいる誰かの1日の一瞬を描きました。 1層目のNFTアートは誰かの過去のその日、2層目のフィジカルの作品は誰かの現在に近いその日をイメージしています。

People and events have stories that lead up to them and are usually passed by because they are not visible. What is not visible may be something we want to know or become aware of because of our environment, mindset, timing, or other factors. If we used to want to know something, now we can see a lot of information on our computers and smart phones. We can easily look up bits and pieces that someone has left for us about past events. I think the important thing is to have a desire to know and to keep in mind that there are things we cannot see. The first layer is NFT art, and the second layer is a physical work. NFT art cannot be seen in real life, but can be viewed digitally on a computer or smartphone. For the solo exhibition, we used AR to create a mechanism whereby the first layer of NFT art would appear on the screen when the viewer pointed their smartphone at the second layer of physical artwork on display. The title of the work is a date. The date is just a marker for each day. A day that is nothing to someone else may be a special day to someone else. With this meaning, I drew a moment of a day for someone somewhere. The first layer of NFT art is a day in someone's past, and the second layer of physical artwork is a day closer to someone's present.

bottom of page